IoTデバイス向け時系列異常検知ソリューション「Torrentio Flow」のサービス提供を開始しました!

Torrentio Flow」(トレンティオ・フロー)は、「SORACOM Junction」 と連携し、IoTデバイスの動作不良や不正通信などの異常をリアルタイムで検知するクラウドサービスです。

データ通信SIM「SORACOM Air for セルラー」をご利用中のお客様は、本サービスを合わせてご利用いただくことで、追加のハードウェアやソフトウェアの導入の必要なく、デバイス障害や通信異常への対応、セキュリティ脅威などへの対策が簡単に実現可能です。

IoTデバイスは、遠隔地で長期に渡って運用したり、多くの機器を扱ったりすることも多く、問題があっても気づきにくいケースが多くあります。また、近年では、IoTデバイスが乗っ取られ、サイバー攻撃の踏み台にされてしまうようなセキュリティ事象も増えており、IoTサービスが普及する一方で、そのリスクもより高まってきています。そのような問題に個別に対応するのは、技術的にもコスト的にも困難な状況にあります。

トレンティオ・フロー」では、SIM単位で、通信トラフィックやプロトコルの分析を行うため、リスクがある状況や改善すべき対象をピンポイントで特定でき、迅速な問題解決が可能になります。また、通信パケット自体を解析するため、デバイスへの設定なども不要で、効率的に導入・運用できます。さらに、機械学習のエンジンでは、ElasticのMachine Learning※2 機能を利用して、異常検知をしております。

従来では、上記のような対策を行うために、専用のハードウェアやソフトウェアを導入する必要がありましたが、SORACOM Air SIM と本サービスを利用することで、従来のデバイスや環境を変えずにそのまま対応することが可能です。

IoTでは、様々なデバイス・データが利用されますが、IoT通信の時系列データを意識した異常検知の機械学習を導入しており、外れ値や周期異常など、複数の異常の状態を自動で識別し、問題を検出することができます。

トレンティオ・フロー」をご利用いただくことで、以下のような課題を解決できます。

  • IoTデバイスからの通信がいつの間にか不安定になっており、正常にデータが取得できなくなってしまう(デバイス故障、ネットワーク異常の可能性)
  • 複数のIoTデバイスの内、相対的に好ましくないデータ通信や挙動をしている機器がある(設定ミス、エッジ処理での問題の可能性)
  • IoTデバイスがマルウェアやランサムウェアなどに感染し、想定しない宛先への通信の発生や急激なパケット量増加がみられる(デバイス乗っ取り、DDoS攻撃踏み台の可能性)

 

詳しくは、以下をご確認ください。

■IoTデバイス向け時系列異常検知ソリューション「Torrentio Flow」
http://www.site.torrentio.tech/torrentio/torrentio-flow/

■関連するプレスリリース
『SORACOMと連携する、IoTデバイス向け時系列異常検知ソリューション 「Torrentio Flow」のサービス提供を開始 ~機械学習を用いた通信パケットの分析によるリアルタイム異常検知~』
http://www.acroquest.co.jp/news/press/20170705/5569

■SORACOM Junction
https://blog.soracom.jp/blog/2017/07/05/release-junction/

※「Torrentio Flow」に関するお問い合わせはこちらから